「よつおのゲームブログ」へようこそ!               「初心者さん向け記事」      「特化型記事」           記事内容 → → → → → MHWアイスボーン      
簡単トレーニング紹介

【MHWI】クラッチクローの簡単トレーニングを紹介!

簡単トレーニング紹介

こんにちは!よつおです!

 

皆さんはクラッチクローを使いこなせていますか?

クラッチクローは慣れるまで時間が掛かる新アクションですよね。

初心者さんからすると、アクションが多くて使いこなせずに「まったく使っていない」という方もいるかと思います。

とはいえ、どんなトレーニングをすれば良いのか分からない・・・

 

そこで今回は、私の経験を活かして「クラッチクロー簡単トレーニング」を作成しました!

ハードルは高くありませんので気楽にトレーニングしてくださいね。

【トレーニング内容】

  • トレーニングエリアで基礎練習
  • 隙が大きいモンスターと実践練習

詳細は以下の目次をご覧ください。

トレーニングエリアで基礎練習

まず始めに、「トレーニングルーム」へ向かいましょう。

ルームサービス(ネコ)に話しかけて配置物を変更したら練習開始です。

クラッチクローの操作に慣れていない方は下の記事を参考にしてください。

 

関連記事

アイスボーンから追加された新アクション「クラッチクロー」の特化型記事【基本編】です。 こんな方にオススメです。 「モンハン始めたばかりでクラッチクローがよくわからん!」 「モンスターの攻撃を受けて全然できない・・・」 「操作[…]

クラッチクロー基本編

 

トレーニングエリアでの練習メニューは全部で5個になります。

  • クラッチクローの距離感を把握する
  • どの部位にクラッチできるのか確認する
  • スタミナの減り具合を確認する
  • スタミナが無くなった時のリスクを確認する
  • 武器攻撃の時間を確認する

5個のメニューがありますが時間は短くて良いと思います。

個人差もあるかと思いますが5個合わせて練習時間10分ぐらいで大丈夫かと思います。

「ちょっと操作に慣れよう」とか「確認してみよう」という感じですね

また、順番も特に指定はありませんので試したいと思ったものからチャレンジするといいでしょう。

クラッチクローの距離感を把握する

距離感

プレイヤーと配置物(モンスター)との距離感の把握を行います。

だいたいモンスター1体分の大きさほどクローが伸びます。どの位置でクラッチできるのか何度も試してみましょう。

 

・・・この練習、とても地味ですよね(笑)

ですが、私は一番重要かと思っています。

何故なら、距離感をしっかり意識して把握することでモンスターとの「間合い」を感じ取ることができるようになります。

間合いを感じることができればモンスターの攻撃を回避しやすくなり、どのタイミングでクラッチ攻撃すれば良いのか自ずと判断できるようになります。

どの部位にクラッチできるのか確認する

配置物のクラッチができる部位を確認しましょう。

クラッチクローの照準をモンスター合わせると自動でクラッチ位置が決まります。

この配置物は3か所にクラッチ可能です。

ここで覚えてほしいことは「部位は左右存在する」と「反対側の部位には移動できない」です。

部位移動

例えば、モンスターの頭部にも「左頭部」と「右頭部」があります。

クロー攻撃を行う際に重要になりますので覚えておいて損はありません。

スタミナの減り具合を確認する

配置物にクラッチしてスタミナの減り具合を確認しましょう。

だいたい何秒ぐらいでスタミナが切れるのかを把握することでクラッチをする上で大切な判断材料となります。

「減るのが早すぎる!!」と思った方はスキル「ランナー」を付けてスタミナの減り具合を抑えてみましょう。

スタミナが無くなった時のリスクを確認する

クラッチ状態でスタミナが無くなったらどうなるのか確認しましょう。

「クラッチに失敗した隙だらけの状態」を知ることでクラッチを乱発することが無くなります

ちなみに、クラッチ状態が解除されてから「約5秒間」は息を整えるため隙だらけです。

 

武器攻撃の時間を確認する

自分が使う武器はどれくらいの攻撃時間なのか確認しましょう。

武器攻撃の時間を把握しておけば、モンスターの攻撃後から次の攻撃の間に差し込めるか判断できるようになります

隙が大きいモンスターと実践練習してみる

実践練習

トレーニングエリアで一通り練習したら、次は実践練習をしましょう。

ここでは「隙が大きいモンスター」で練習することをオススメします。

 

個人的に「このモンスターは隙が大きくて練習相手にもってこい」と感じたモンスターは以下になります。

【隙が大きいモンスター】

  • ドスジャグラス
  • ジュラトドス
  • プケプケ
  • リオレイア
  • ブラントドス

これらのモンスターを選んだ理由は以下になります。

  • 動きがそこそこ遅い
  • 動きが遅いので観察しやすい
  • 攻撃が強くない
  • 攻撃が単調でクラッチしやすい(ブレスなど)

 

上の5体を練習相手としてオススメしますが、一番良いのは「狩りなれたモンスターを練習相手にすること」だと思います。

自分が一番戦いやすいと感じるモンスターで練習し、それでも上手くいかないなら上の5体を選んでみると良いでしょう。

まとめ

クラッチクローの簡単トレーニング方法について紹介しました。

クラッチクローが上手くできない方はトレーニングエリアで少し練習してから

自分が戦いやすいモンスターで実践してみると良いです。

 

私も最初はクラッチクローに慣れるまで苦労しましたが、

経験を積むとある程度は使いこなせてきたかなと感じています。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

↓クラッチクローの操作について知りたい方はこちら!↓

関連記事

アイスボーンから追加された新アクション「クラッチクロー」の特化型記事【基本編】です。 こんな方にオススメです。 「モンハン始めたばかりでクラッチクローがよくわからん!」 「モンスターの攻撃を受けて全然できない・・・」 「操作[…]

クラッチクロー基本編

 

↓クラッチクローのコツについて知りたいはこちら!↓

関連記事

アイスボーンから追加された新アクション「クラッチクロー」の特化型記事【応用編】です。 クラッチクローを使う上で意識していることや立ち回り方についてまとめてみました。 今回の記事内容は以下になります。 ぶっ飛ばし[…]

簡単トレーニング紹介
最新情報をチェックしよう!