「よつおのゲームブログ」へようこそ!               「初心者さん向け記事」      「特化型記事」           記事内容 → → → → → MHWアイスボーン      

【MHWI】「ラージャン」の攻撃パターンを解説します!

こんにちは!よつおです!

 

無料大型アップデートで「ラージャン」が追加されましたね。

過去作でも強かったラージャンですが、今作ではさらにパワーアップしたことで苦戦されている方は多いのではないでしょうか?

そこで今回は、「ラージャン攻撃」に特化した記事を作成しました!

こんな方にオススメです。

「素早くて攻撃が当たらない!」

「クラッチクローって通用しないの?」

「ラージャンの攻撃パターンを詳しく知りたい!!」

 

この記事では以下の内容でまとめています。

  • ラージャンの特徴
  • クラッチ可能な部位
  • 攻撃パターンとクラッチ安全地帯

「特徴やクラッチ可能な部位について既に知ってますよ」という方は目次を活用してください。


ラージャンの特徴

ラージャン

 

まず最初にラージャンの特徴についていくつか紹介します。

特徴① 超攻撃的生物

超攻撃的生物

攻撃力が非常に高く、素早い動きでハンターを翻弄します。

怒り状態になると一部体毛が金色に変化することから「金獅子」と呼ばれています。

モンハンシリーズではお馴染みの人気モンスターですね。

アイスボーンから新しい攻撃や「クラッチすると拘束される」「闘気硬化状態」などの要素が加わり、さらに手強くなりました。

特徴② クラッチすると拘束される

拘束

連続で前脚にクラッチすると振り落とされ拘束されてしまいます。そのまま放り投げられ大ダメージの鉄槌を仕掛けてきます。

鉄槌は「はじけクルミ」や「はじけ結晶」で怯ませるか「スリンガー閃光弾」でめまいを起こして回避できます。

鉄槌前に引きずり移動することでも攻撃を受けない場合もあるため、拘束されても諦めずに何かアクションを起こしましょう。

 

うしろあしクラッチ

「拘束されてクラッチが全然できない・・・」という方は後脚を狙ってみましょう。

基本的には、むやみにクラッチを行わず攻撃の後スキやよろけ怯み(クラッチ怯み)を狙っていきましょう。

前脚クラッチによる振り落としは「クロー攻撃による向き変更」で防ぐことも可能ですのでクラッチしたらボタンを連打しましょう。

特徴③ 闘気硬化状態

闘気硬化状態 うしろ

闘気硬化状態 まえ

※「クロエ」はオトモの名前です

 

怒り状態が続くと雄叫びを上げながら「闘気硬化状態」になります。この状態では以下の特徴があります。

  • 両腕が赤くなる
  • 肉質が硬くなり攻撃が弾かれる
  • 近くで雄叫びを受けると吹っ飛ぶ
  • ラージャンの攻撃力が上昇する
  • シビレ罠が壊される
  • 大技の叩きつけを使ってくる
  • 尻尾を攻撃すると闘気硬化状態を解除しやすい
  • 解除後は大きなスキがある

この状態では正面から攻撃するのはやめて、後ろに回り込み尻尾を攻撃して早期解除を目指しましょう。

特徴④ 罠について

ラージャンの状態によって効果的な罠が変化します。

通常状態

通常状態_シビレ罠

シビレ罠:〇

落とし穴;×

 

 

怒り状態(体毛が金色)

怒り状態 落とし穴

シビレ罠:〇

落とし穴:〇

 

 

闘気硬化状態(体毛が金色+両腕が赤色)

シビレ罠:× 壊される

落とし穴:〇

 

落とし穴にはまっているラージャンの腕に触れるとダメージ・ぶっ飛び判定がありますので背中を攻撃しましょう。

特徴⑤ 氷属性が有効

氷属性が有効

氷属性の武器で挑むのが無難です。

状態異常にも耐性がありますが、「闘気硬化状態」時に睡眠を狙って解除させるのも得策です。


クラッチクローが可能な部位

前脚クラッチ

後脚クラッチ

  • 前脚
  • 後脚

ラージャンには「前脚」「後脚」の二か所のみクラッチ可能です。

頭部にはクラッチすることはできません

※頭部のサイズにクローの規格サイズが合わないため

 

しかし、前脚で「クロー攻撃による向き変更」や「全弾発射によるぶっ飛ばし」を行うことが可能です。


攻撃パターンとクラッチ安全地帯

ここではラージャンの攻撃について解説します。

1つの攻撃パータンについて以下の内容で書いています。

  • 特徴
  • 予備動作
  • クラッチ安全地帯

「クラッチ」はクラッチ状態時にその攻撃に対してダメージ・ぶっ飛びの判定を〇×で表示しています。

〇であれば、「その攻撃時に、その部位にクラッチしていれば安全(すなわち安全地帯)」と思ってもらえれば大丈夫です。

 

〇:ダメージなし

×:ダメージあり

△:左右の部位によって〇×が変わる

-:調査中

 

※攻撃の名前は適当に付けたので多少おかしい部分もあるかと思いますがご了承ください


左フック

特徴

左脚でプレイヤーにフックします。フックはダメージが小さくプレイヤーにしりもちさせる程度なので、この攻撃自体には脅威はありません。

しかし、フック後に高確率で「ぶん殴り」や「ボディプレス」などの攻撃を絡めてきますので、フックを受けたら左右に回避しておきましょう。

予備動作

左脚を引く動作が予備動作ですが、一瞬過ぎて反応できません。

ラージャンがプレイヤーへ振り向いたら繰り出すと認識していれば対処しやすいでしょう。

クラッチ安全地帯

前脚:-(おそらく△)

後脚:〇

フックを行う「左前脚」のみ×です。(調査中)

後脚は安全地帯ですが左フックからボディプレスへのコンボの場合だと×になるので様子見するのが無難だと思います。


ぶん殴り

 

特徴

前進しながら3回~5回左右にパンチを行い、終わりに地面を叩きつけます。

地面への叩きつけには振動効果があるので耐震スキルが無い場合は離れておきましょう。

ガードは可能ですがスタミナを大幅に削られるので、なるべく左右へ回避しましょう。

予備動作

叫びながら両腕を高く上げます。プレイヤーと近い時や左フック攻撃から仕掛けてくることが多いです。

しかし、猛スピードで距離を詰めてきたり、バックステップ後に両腕を高く上げずに殴りかかることもあるので要注意です。

クラッチ安全地帯

前脚:×

後脚:〇

ぶん殴り時間が長いので後脚で武器攻撃しやすいです。

ただ、ぶん殴り後に回転攻撃やボディプレスを行う頻度が高く、ダメージを受けてしまうのでHP管理には注意しましょう。


振り向き殴り

特徴

右前脚で反時計回りに振り向きながらアッパーを繰り出します。プレイヤーがラージャンの背後にいる時に使用します。

予備動作

予備動作は「左前脚を大きく引いた後に地面を抉る」です。頻度の高いぶん殴りなどと違いが判別しやすいので対処も容易だと思います。

クラッチ安全地帯

前脚:△(おそらく×)

後脚:〇

※左前脚に攻撃判定があるか調査中なので△にしています


回転殴り

特徴

殴る勢いを利用して回転する攻撃です。攻撃距離が長いので離れていても油断はできません。

ガードするか左右に回避しましょう。

予備動作

※「クロエ」はオトモの名前です

予備動作は「右前脚を少しだけ引く」です。動作時間が短いので要注意です。

また、ぶん殴り後の攻撃でプレイヤーが後脚にクラッチしてる時はかなりの頻度で使用します。

クラッチ安全地帯

前脚:×

後脚:×

全身に攻撃判定があるのでクラッチは控えましょう


突き上げ突進

 

 

特徴

プレイヤーに向かって突進する攻撃です。突進を受けると大きく吹き飛ばされてしまいます。

回避orガードでやり過ごしましょう。

予備動作

※「クロエ」はオトモの名前です

角を下に向けて地面を抉るのを確認したら左右へ回避しましょう。

クラッチ安全地帯

前脚:×

後脚:×

この攻撃も全身に攻撃判定があるのでクラッチは控えておきましょう。


ボディプレス

特徴

全身を使ってボディプレスを行います。宙に浮いた瞬間から攻撃判定が発生します。

振動の効果があるので近づき過ぎないように注意しましょう。

予備動作

両腕を上げてガッツポーズをします。

予備動作の時間が長いので、この攻撃は比較的対処しやすい攻撃だと思います。

クラッチ安全地帯

前脚:×

後脚:×

前脚にクラッチした時は攻撃判定が発生する前にボタンを連打してクロー攻撃を行い、ボディプレスを中断させましょう。(通常状態時のみ)


ローリングアタック

 

特徴

高くジャンプした後に身体を丸めて体当たりする攻撃です。プレイヤーとの距離が離れている時に使用してきます。

高くジャンプすると画面外に出てしまい一瞬ラージャンを見失うことが多いです。

ひとまず、その場から離れるかガードを行うようにしましょう。

予備動作

上記で説明した通り、高くジャンプするのが予備動作になります。

「距離が離れているから高くジャンプするだろうな」と意識しておけば比較的対処がしやすいです。

クラッチ安全地帯

前脚:×

後脚:×

ジャンプするとクラッチ状態が解除されますが、ダメージはありません。

体当たりの状態に攻撃判定があるようです。


バックステップ

 

特徴

バックステップを行い、背後にいるプレイヤーに後脚で攻撃します。

プレイヤーが後脚・尻尾を狙うタイミングで行うことが多いです。

このバックステップは発生が早いのでラージャンの後ろを取っても油断しないように気を付けましょう。

予備動作

その場で小さくジャンプします。これが見えたら離れるかガードしましょう。

クラッチ安全地帯

前脚:-(おそらく×)

後脚:×


サイドステップ(調査中)

特徴

予備動作

クラッチ安全地帯

前脚:×

後脚:×


雷光ブレス

 

特徴

プレイヤーに向かって雷属性のブレスを放ちます。

ブレスは「距離がかなり長い」「発生が早い」「攻撃の持続時間も長い」ので、他の攻撃で吹き飛ばされた後に使われると厳しい展開になります。

起き上がるタイミングをいつもより遅くするなどの倒れている時の無敵時間を活用しましょう。

ただ、ブレス中はスキだらけなので攻撃のチャンスでもあります。

 

ソロだと比較的対処しやすい雷光ブレスですが、マルチで仲間の距離が離れていると被弾してしまうことがあります。

なるべく仲間と固まると対処しやすいのでオススメです。

予備動作

ブレスをため込みながら少しジャンプします。

クラッチ安全地帯

前脚:〇

後脚:〇

スキが大きいのでクラッチクローからの武器攻撃が間に合いやすいです。

傷を付けて肉質軟化を狙いましょう。


ジャンプ雷光弾

 

特徴

高くジャンプした後にプレイヤーへブレスを放ちます。こちらはビーム型では無く弾形状になっており発射から着弾までに攻撃判定があります。

前後に回避すると被弾しやすいでの左右に避けるのが無難です。

 

予備動作

予備動作は一瞬だけ体勢を低くします。

「高くジャンプしたな」と思ったらその場から離れると被弾しづらいです。

クラッチ安全地帯

前脚:-(調査中)

後脚:〇

高くジャンプしてもクラッチ状態が解除されませんでした(今のところ後脚のみ確認)。


岩盤上げ(調査中)

特徴

予備動作

クラッチ安全地帯

前脚:-(おそらく×)

後脚:-(調査中)


カベ張り付きカウンター

 

特徴

プレイヤーが攻撃を与え続けると怯みながら壁にもたれ掛かったあと、攻撃してきます。

 

怯んだと勘違いして追撃をすると手痛いダメージを受けてしまいます。

予備動作

 

怯みながら一回転ふらついてから、壁にもたれます。

「ん?いつもと何か違う怯みだな」と思ったら警戒しまししょう。

クラッチ安全地帯

前脚:×

後脚:×

カウンターの攻撃が始まるとダメージ判定になります。


拘束マウント

 

特徴

 

 

予備動作

 

クラッチ安全地帯

前脚:×

後脚:×


デトロイトスマッシュ

 

特徴

闘気硬化状態でのみ行う攻撃です。高くジャンプした後にプレイヤーへ叩きつけて大爆発を起こします。

非常にダメージが高い上に着弾範囲がかなり広いので急いで離れながら叩きつけの瞬間に×ボタンで回避しましょう。

一応ガードも可能ですが、ダメージを受けてしまうので動きが遅いランスやガンランス、ヘビィボウガンは常にHPを多めに維持しておきましょう。

 

※「デトロイトスマッシュ」はヒロアカから引用した技名です

予備動作

※「クロエ」はオトモの名前です

両腕を広げて雄叫びを上げます。

離れていても「自分のところに着弾するかもしれないな」と意識すると対処がしやすいですね。

クラッチ安全地帯

前脚:×

後脚:×


まとめ

ラージャンの特徴や攻撃パターンについて一つずつ解説しました。

ラージャンは攻撃力が高い上にスピードもあり上級者向けの狩猟モンスターと言っても過言ではないでしょう。

強敵に勝つためには、そのモンスターの特徴や攻撃パターンについて把握することが大切です。

 

気が付いたことがあれば更新していきます。

最新情報をチェックしよう!